大津・雄琴エリア【滋賀デリヘル】

続いてご紹介するのは滋賀県の大津・雄琴エリアです。
大津は滋賀県の県庁所在地として多くの人で賑わっています。大津市内は非常に広く、大津駅周辺以外の場所でも風俗を充分に楽しむ事ができます。京都市とも隣接していますので、そちらからも出張可能なデリヘル店もあります。合わせてチェックしておきましょう。滋賀県は県の中心に琵琶湖が位置していて、東西南北の行き来が少し不便と思われがちです。ですがデリヘル店は思いのほか充実していて、県内で呼べない場所はほぼありません。気候も穏やかで過ごしやすい事もあり、県の人口も年々増え続けています。

ソープで有名な雄琴

そして全国でも有数のソープ街として有名になっているのが、大津市内にある雄琴温泉というエリアです。場所で言うと大津駅から琵琶湖沿いに今津方面へ。その途中の右手側に、異様な雰囲気を放つエリアがあります。車で走ってればすぐに解るそのエリアには二つのゲートがあり、その一角の中には30店舗以上のソープランドが元気に営業しています。10.000円台で遊べつ格安のお店から、50.000円以上の高級店まで揃っている、まさに一大ソープ街として確立された地域です。

雄琴のソープランドは福原や金津園に比べて値段が安いという利点があります。その分、NSでプレイできるお店はほぼありません。滋賀県の特殊浴場協会という所がしっかりと管理していて、働くソープ嬢の衛生検査までしっかりと目が行き届いているようです。利用する男性客からしたら安心できるのではないでしょうか。大阪と名古屋の中間に位置していますので、出稼ぎに来ている若いソープ嬢も多いようです。男性でも地方から訪れる人もいるぐらいですから、安心して遊べるソープ街と言えるでしょう。